Archive for 1月, 2015

お金を借りるということ

水曜日, 1月 7th, 2015

一言にお金を借りる、と言ってもその実やっていることはサラ金や銀行への借金に変わりありません。
あまり深く考えすぎて借り渋って、お金が絶対に必要な場面をお金の足りない状態で過ごすべきではありませんが、気軽にたくさんのお金を気軽にサラ金や銀行から際限なく借りるべきでもありません。
最近のサラ金(リンク・・・・・サラ金比較NAVI)や銀行のカードローンはテレビコマーシャルなどで名前をよく見かけるようになり、とても身近な存在になりました。昔のように、暗い、怖いイメージは無くなり、生活にとても親密な存在です。
ですが、ここで改めてお金を借りる、ということについて考えてみるべきなのかもしれません。


サラ金などからお金を借りると、その記録は残ってしまう

サラ金や銀行から融資を受けると、その個人情報は専門機関に残ってしまいます。さらに、きちんと期日内にお金を返していればそれほど問題が無いのですがもし、返済に遅延があった場合、のちのキャッシングの審査に不利になってしまったり、または他のクレジットカードを作ろうとしたさいに受ける審査でもその情報は不利に働いてしまいます。
クレジットカードの審査でも、カード利用代金をきちんと支払えるだけの能力があるのかを見られるわけですから、過去にキャッシングの返済遅延があると、その能力を疑われてしまうのは仕方のないことかもしれません。
返済遅延の情報はしばらくすると消えますが、もっと大きな金融事故や、自己破産の情報はもっと長く残ってしまいます。お金を借りる時には慎重にならなければなりません。


無金利期間を利用する

最近では、大手のサラ金や数は限られますがいくつかの銀行が借入額に金利のかからない短い期間、無金利期間を設定しています。
これを利用すれば次の給料日までのつなぎなど短い期間の融資に向いているので安心してお金を借りることができます。ですがこの無金利期間は期間が短いだけでなく回数も限られているところが多いので何度も利用しようというわけにはいかない場合が多いです。
いずれにせよ、お金を借りるときには慎重に、あらかじめ目的をさだめて返済計画もしっかり立てた上でサラ金や銀行のカードローンなどを利用してキャッシングを利用するのが大切です。
軽い気持ちでなんとなく借りる、のような甘い考えで借りるのは危険です。
サラ金や銀行のキャッシングサービスは、正しく使えればとても便利なものですから、賢く使って生活を豊かにしましょう。